葬儀での女性の服装

葬儀での女性の服装には

葬儀に対しての女性の服装

葬儀は故人とのお別れの儀式でもあります。お葬式に参列する場合は、服装もきちんとした格好をしなければなりません。冠婚葬祭は、その時に合わせた服装マナーがあります。葬儀へ参列する場合は、喪服を着用します。もし、喪服が無ければ男性はスーツに黒の腕章をつけ、女性は派手でなく黒色のスーツなどを着用してください。また、身に付ける物は女性ならば、白か黒のパールのネックレスにパールのピアスやイヤリングです。黒い物を装う事で、故人へのお悔みの気持ちとなります。故人を祈るために、来るの装いがあるのです。カバンも派手な物や革製品にエナメルは避けてください。

失礼のない服装にしましょう

葬儀での服装は必ず礼服と決まっています。そんな場に違う服装でいくことは異常なことです。ご家族の方にも失礼ですが、亡くなられた方にも失礼極まりない行為です。そんな異常なことは絶対にいけません。葬儀とは、亡くなられた方を謹み、送り出してあげる式です。失礼があっては絶対にいけないと場所です。場違いな格好は常識外れで異常なことですが、きちんとしているつもりでも一部おかしい部分があるかたもいらっしゃいます。このような場では、普通の常識ある格好にしてください。わからない方は、これからのこともあるので調べてでも常識を知ってください。

新着情報

↑PAGE TOP