コンパクトな葬儀

コンパクトな葬儀では

増加するコンパクトな葬儀

日本の葬儀は、葬式仏教のしきたりに従って高額なお布施の必要な戒名や盛大な告別式などに遺族の体力と多額の費用を費やすのが常識とされて来ましたが、海外のメディアに心配されるほどの急速な仏教離れや少子高齢化などによりコンパクトな家族葬や直葬が増加しています。特に家族葬は、遺族が参列者や弔問客の対応に苦慮する事無く、故人との思い出に浸りゆっくりと冥福を祈る時間が持てるとして都市部を中心に増加傾向にあります。

↑PAGE TOP